前へ
次へ

借金を返せない・・・自己破産のメリットとデメリットをご紹介

世田谷の不動産に関する登記の申請が行われたときには、世田谷の不動産登記法19条のもとに登記官が受け付けをして、受付番号を付します。権利に関する登記の実体部分に関しては、登記官は形式的な審査権だけを持っています。そこで登記簿に加え提供された書面だけを根拠にして、申請に却下すべき事由がないかどうかについて審査をします。現実に物権の変動があったのかどうかまでの審査はそこでは行われず、登記は行われることになります。ただ、そこで申請人の当人が手続きをしているのかどうかが疑わしいという場合に限っては、登記官がその申請人について、申請の権限があるかどうか調査することになります。表示に関する登記が行われる場合には登記官が実質的審査権までを持っていて、必要があれば実地調査までが行われます。

top用置換

top用置換2
Page Top